墨田川提は春うらら

0

    ♬春のうららの墨田川(^^♪)

    といいたいのだが、今日(昨日です)は初夏のような気候でしたね。

    あんまり気持ちが良いので墨田川のほとりを歩いてみた。

    川は穏やかに流れ、明るい光を反射させていた。

    でも魚影は見えなかったな。

    見えるのはホームレスのお屋敷。

    ブルーレジデンスだ。

     

    むじな庵がいるのは言問橋のたもと。

    向うに人のための橋桜橋が見える。

    橋の中央からの景色。

    舟に乗って川の中から見るのと同じ光景。

    空には巻層雲(けんそううん)が浮かんでいる。

    墨田川は穏やかに流れている。

     

    車に戻ったら駐車違反の切符を切る準備をしているおじさんが・・・!


    墨田川提の小さな花たち

    0

       

      菩提寺は墨田川の近くにある。

      天気が良いので行ってみた。

      最初に迎えてくれたのは小さなカタバミの薄紫の花だった。

      たいていは雑草として顧みられることの少ないカタバミだが、明るい日差しの中で輝いていてとてもきれいだった。

      黄色い山吹の花もたくさん咲いていた。

      むじな庵はこの山吹が子供のころから好きだったな。

      なんだろう、郷愁を感じさせる花だ。

      野の花の代表格のタンポポその綿毛

      不思議だな。こんなに白く、こんなにまあるく、こんなに複雑で凛としている。

      みんな好きだろうけどむじな庵もとても好きだ。

      大輪のつつじも咲いていた。

      でもこの花もそう長くはないな。回り中に咲き終わった後の花の芯がたくさんころがっていた。

      藤の花も咲いていた。

      本来ならばもっともっときれいなのだろうが、なんだが白さor青さに覇気がない。

      もうちょっときりりと咲いてほしいものだ。

       

      墨田川にはポンポン蒸機・・・ではないが小さな船が浮かび、空は晴れていた。


      墓参り お彼岸には来られなかったけど

      0

        本郷のアトリエに展覧会で使った作品を返却した後に、浅草の菩提寺へお参りに行った。

        お彼岸には、仕事で来られなかったので少しひけめがあったのだが、やっと行くことができた。

        不思議なもので、お墓参りをすると少し心が爽やかになる。良いことをした気分になれるのだ。

         

        毎度のことだが、お寺からスカイツリーを眺める。

        古いお寺と最先端の塔。

        その対比が面白いのだ。

        空は晴れていた。


        ネギ坊主の楽しみ

        0

          ネギ坊主たちが一列に並んでワイワイ騒ぎながら何かを見ている。

          ネギ坊主たちはいつもここにいるので、退屈することが多いようなのだが、今は楽しそうだ。

          手入れの悪い畑にも・・・こちらは女の子のネギ坊主みたいだ。

          こちらの方が姦しい感じである。

          可哀そうに、このネギは頭を切り取られちゃっている。

          騒ぎたくても声が出ないようで、身振りだけで騒いでいる。

           

          でも何を騒いでいるのだろう?

          なんだ、ワイフが畑に水撒きをしているのが楽しいのか。

          こんな何でもないことにもそんなにはしゃげるなんて、ネギ坊主たちは随分退屈しているんだなあ!

           

          温かい春のむじな農園です。


          オバマ 久々のテレビ登場

          0

            オバマ前大統領が退任後初めてのテレビ出演。

             

            むじな庵、オバマを高く評価している。

            確かに、彼の理想は道半ばで、現大統領トランプによってほとんど反故にされてしまいそうな状況だが、オバマの取り組んできたことは正しかったと思う。

            しかし、国民の側は理想よりも・・・否、近い将来の破滅を受け入れて、現在この時の生活を求めたのだった。

            トランプのやっていることは、そう遠くない地球の破滅だ。この瞬間だけのアメリカの繁栄(現実はそうならないと思うが)であり、50年後100年後にアメリカがどうなっているかには興味が無い。この地球がどうなっているかには興味が無い。

            この瞬間だけの、アメリカだけの反映だ。

             

            その状況を脱するためには次世代を担う人間の、とりわけ指導者の育成しかない、と考えたオバマの判断は正しい。


            ああRoot299 秩父への道

            0

              秩父での展覧会が終わった。

              毎日通った国道299号線とも今日でお別れだ。

              単調な川沿いの道退屈な30

              ところどころ信号はあるが、ほとんど引っかかることは無い。

              ほぼ50/hの速度で走るワインディングロード

              途中3つのトンネルがある。

              このトンネルは昨年開通したばかりだ。

              このトンネルのおかげで随分と走りやすくなった。

              山は新緑の淡い色が、おめき始めた若葉が勢いを増している。

              力強く優しい緑だ。

              翠の中に埋もれるように建つ民家

              温泉施設もある。

              この道沿いには渓流釣りのできるアシガクボ国際釣り場道の駅もある。

              西武鉄道の駅もある。単線の長閑な鉄道が走っているのだ。

              無人(かな?)の駅。電車はめったに来ない。

              こんな単調な30kmを結構風景を楽しみながら走ってきた。

              青い空に浮かぶ白い雲。

              あの山を越えれば秩父だ!

              国道299よありがとう。


              フタコブラクダ山 秩父

              0

                秩父の矢尾百貨店の窓から見えるこの山の名前はなんていうんでしょう?

                なんだかとてものどかな山なんです。この写真からじゃわからないかもしれませんが。

                ただただ青空の下に佇んでいるだけなんですが、のほほんとかわいいんです。

                面白い山でしょ!

                むじな庵、名前を付けてやることにしました。

                フタコブラクダ山


                忙中閑あり 紫の花 むじな庭園

                0

                  忙中閑あり」である。

                  むじな庵ここ2か月ほどまともに休んでいない。頭も体も疲れ気味である。

                   

                  しかし、心は至って健康である。自然の小さな動きにも思いをやる余裕はある。

                  とは言いながら、なかなかゆっくり見る時間が無い。

                  今朝は、目が覚めたら煌めくような明るい日差しが射しこんでいる。リビングに行くとワイフの可愛いスリッパが縁台にある。どうやら畑に出ているようだ。

                  むじな庵も日差しに誘われて庭へ出た。

                  昨夜の雨で庭全体がしっとりと潤いを持っている。

                   

                  どうしたことか、アイリスがアジサイの林の中にひと塊になって咲いている。

                  アジサイの枝に邪魔されて思い切り陽を浴びることができていない。

                  でも青紫の鮮やかさが目に気持ち良い。

                  ふと目を落とすと花大根が小さな花をたくさん広げて喚くように咲き乱れている。

                  雑草のように扱われているが、よく見るととても紫色の可愛い花なんですぜ!

                  もっともむじな庵の下手なスマホ写真じゃその魅力は見せられないのだが・・・!

                  これはなかなか気づいてもらえない可哀そうな花だが、これだって「十二単(ジュウニヒトエ)」という優雅な名前が付いた由緒ある花なのだ。ま、なんだかひ弱だけどさ。

                  これはまさに雑草の中に埋もれちゃっているけど紫色のパンジーだ。

                  寒い冬を乗り越えて来た逞しい花なんですぜ。

                  でももうすぐ終わりかな?

                  エンドウ豆の花も赤紫の花をたくさん付け始めたな。

                  これからどんどん大きくなっていくんだな。

                  たくさん美味しい実を付けてほしいな。

                  だらしのないのはモクレンだ。

                  貧弱な紫の花がいくつかしか咲かない。しかも咲くのも遅い。

                  あんまりこんないい加減な咲き方なら、来年あたりは切ってしまおうかと思う。

                  切られたくなかったら立派な花をつけてほしいものだ。

                  さてこれは紫といえるかどうか微妙だが、やっと咲き始めた枝垂れ桃だ。

                  以前はもう一本あって、実に賑やかに美しく咲いてくれたのだが、もっと立派だった一本が枯れてしまったら、なんだか元気がない。

                  もっと元気を出してほしいものだ。

                   

                  とむじな庵がスマホをかざして下手な写真を撮っているとワイフが畑から顔を上げてほほ笑んだ。ほうれん草をとっていたのだった。


                  メーテルに逢いたい 秩父

                  0

                    展覧会の来場者の方が「秩父にメーテルっていうスナックがある」という。

                    ネットで調べてみたら有った。

                    スナック メーテルhttp://snacker.jp/shop/?seq=11939

                    秩父市山田1533。

                    その方のいうには、ママさんはメーテルにそっくりな美しい方らしい。

                    スナックの名前を何にしようか迷っている時に「ママはメーテルそっくりだからメーテルが良い」という声が上がってメーテルにしたという。

                     

                    そう聞くと会いたくなるのが人情だ。

                    展覧会を少し早めに上がって行ってみた。

                     

                    あった。

                    スナックメーテルは質素な、昭和の中期の、戦後の飲み屋さんのようなたたずまいだった。

                    電気がついていない。

                    八尾百貨店から4卍のところだ。

                    すでに暗くなり始めている。

                     

                    迷っていたら軽自動車がやって来て店の裏に止めた。

                    きっとメーテルおばさんだと思い待っていたがいつまでたってもスナックの電気がつかない。ということはメーテルではなかったということだな!

                     

                    20分ほど待っていたが電気は点かず人影も現れない。客らしき姿も現れない。

                    今日は休みなのかもしれない。

                    結局30分ほど待って帰ることにしたが、無性に会いたい。


                    入間の守り神 布袋かな?

                    0

                      秩父での展覧会のために、毎日秩父へ通っている。

                      むじな町を出て入間へ抜け国道299号を通って、人気アニメ「心が叫びたがっているんだ」の舞台となった横瀬町へ出る。その先に秩父市がある。

                       

                      むじな庵が国道299号へ出るときの高麗本郷三叉路の正面にこのお方がいる。毎日いる

                      この方どなたなんでしょうね?

                      七福神の布袋様かと思ったのだが、この方袋をしょっていません

                      布袋様だったらどこへ行くにも袋をしょっているはずなんです。

                      どこかへ忘れて来たんでしょうか?

                       

                      それとも大きな袋をしょっていると3億8千万円強盗の犯人に間違えられるからしょっていないんでしょうか?

                      本当はどなたなのでしょう?

                      気になって仕方がありません。

                      ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。


                      | 1/349PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>

                      ブログランキング

                      ↓応援よろしくお願いします↓

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM