秋のむじな農園

0

    涼しくなりましたね。

    むじな庭園も寂しさが増しています。

    同じように無造作に、だらしなく繁って入るのですが、やはり夏の勢いはありません。

    広大な20万むじなエーカーの畑は、あき・冬野菜の種がまかれ、やっと芽が出て来たばかり。

    ネギとモロヘイヤがまだ残っているが、青息吐息だ。

    コスモスも今年は元気がありません。

    むじな農園、これからどうなっちゃうんでしょう?

    秋が深まっていきます。(まだそんな時期じゃないけどさ)


    横田めぐみさんの今後は? 良い方向へは行かないだろう!

    0

      トランプ演説横田めぐみさんのことに触れられたことを、めぐみさんの母歓迎しているが、本当に良い方向に行くのだろうか?

      あのような、北朝鮮を侮辱する演説の中で語られたことが、その実現に良い影響を与えるだろうか

      ありえないだろう!

       

      むじな庵は、恐れている。

      トランプの言うことには、金正恩が肯定的な行動をするとは思えないからだ。逆に、それに反発する方向に動くのではないかと思えるのだ。

       

      むじな庵の恐れが杞憂であればよいのだが!


      川越という街

      0

        川越という街は、実は沿線に住んでいながら、むじな庵あまり親しく訪問していなかった。昨年のマンガ・アニメイベントまでは。

        しかし、昨年からたびたび訪問するようになり、川越の良さを理解し始めている・・・ような気がする。

         

        この写真は、実は川越駅に貼られている観光ポスターを写真に撮り、トリミングしたもの。

        こんな光景が川越にはあちこちにある。そして裏道が面白いのだ。

        でも、駅の中はこんな雑踏。

        人だかりの左側に、時の鐘をイメージさせるオブジェがあるが、誰も見ていない。

         

        まあ、実際棲んでいる人にとっては通常の風景なんでしょうからね。


        里芋を掘る

        0

          サツマイモを掘ったついでに里芋も一株掘ってみた。

          コンポスタ−(生ごみ処理の入れ物)に捨てた里芋のかけらから芽が出ていたので、畑の端っこに植えておいたのだった。

          そしたらこんなに立派な里芋ができていたのだ。

          数本しか植えていなかったのだけど、一株だけ掘ったのでした。

           

          命って、すごいですね。自分の力で生きていくんですね。手入れもしなかったのに!

          そんなわけで、嬉しい出来事でした。


          イモを掘る

          0

            サツマイモは荒地でも育つ、という話を信じて、むじな畑の一角(しばらく使っていなかった畑)にサツマイモを植えた。

            まだ、時期が早いとは思ったが、ワイフがその芋を試しに一株だけ掘ってみた

            どうやら荒地でも育つという伝説は正しかったようだ。

            これまでむじな畑に植えたどのときよりも形の良い芋が8本も採れたのだ。

            どうです、粒ぞろいでしょ!

            これまでむじな庵が作った芋はいつも、大きすぎるのやちっぽけなものがあって、食べにくかったのだが、これなら蒸かすにも焼き芋にも煮物にも、なんにでも使えそうだ。

            良かった良かった!


            トランプ 国連演説 拉致問題は逆効果だ。

            0

              国連総会でのトランプの演説。

              実に品の無い、クソ野郎の演説だった。

               

              アメリカがこれまで持っていた世界の警察官として活動する覇権主義を捨て、アメリカ第一(アメリカ一国の繁栄を目的に行動する)ことを宣言した。

              また、北朝鮮に対しては罵りと挑発、「完全破壊」という言葉まで使った。

              その中で、人権侵害についても述べ、横田めぐみさんの拉致にも触れた

              これは安部首相からの依頼で加えられた内容のようだが、これは拉致問題の解決には逆効果だ。

              このことで、横田さんも世間も、拉致問題が解決へ向かうのではないか、という期待を持ったようだが、逆だろう。金正恩はトランプの言うことには反発して逆をやるに違いないからだ。

              トランプは指導者としては完全に破たんしている。金正恩と同レベルだ。

              こんな大統領を選んだアメリカは悲劇だ。(その選挙さえも汚辱に塗れている)


              あるがままに美しく! モロヘイヤの花が咲いた。

              0

                モロヘイヤ花が咲き始めました。

                夏中美味しく粘り気のある葉っぱを食べさせていただきました。

                ありがたいことです。

                むじな庵の代わりにカナブンがお礼を言ってくれています。

                ホンの1ほどの小さな黄色い花です。

                花の数もポチポチで少ないうえに花と花の間ガ離れているので全然華やかではありません

                それでも花はとっても元気に胸を張って、一点の陰りもなく咲いています。

                これですね、人生は!

                外部からの勝手な評価に左右されることなく、おのれ自身、精一杯生きていれば、誰にケチをつけられることなく美しく存在することができるんです。

                華やかなばかりが人生じゃないんです。

                 

                むじな庵、初めてモロヘイヤの花を見たけれど、とても清々しい気持ちになれました


                ティッシュペーパーと三色の羽根物語 香川抄樹

                0

                  イギリスへ行っていた友人からメールが届いた。

                  帰国の知らせと出版の報告だ。

                  まだ30代の若い小説家だ。

                  まだ受賞歴は無い。

                   

                  だが、純文学作家として着実に歩みを続けている。

                  是非読んでほしい。

                  ティッシュペーパーと三色の羽根物語 香川抄樹


                  象のアーティスト 

                  0

                    先日、Uチューブの「絵を描く象」をシェアしましたが、あんまり凄いのでもう一度ブログでご紹介します。

                    この象、飼育人から絵の具のついた筆を渡されて、キャンバスに絵を描いています。

                    途中からですが、ご覧ください。

                    赤い絵の具のついた筆を渡され、描いています。

                    U―tubeでは、白い紙から書き始めていましたよ。

                    木に花を咲かせました。

                    いい加減な場所にではなく、きちんと枝の先に花を描いています。

                    描き終わったらサインを入れています。

                    この象さん、SUDAさんていう名前なんですね。

                    完成です。

                    キチンと絵になっています。

                    文字もしっかりアルファベットになっています。

                    天才象ですね。

                    むじな庵の描く絵よりは確実に素晴らしいです。

                    むじなより象の方が上ってことでしょうか?

                    と思ったら、1頭だけじゃなかったんです。

                    3頭もいたんです。

                     

                    こうなってくると創作活動をするのは人間だけじゃないってことになりますね。

                     

                    さ〜て、これからの動物に対する理解が大きく変わってきそうです。

                    むじな庵、動物の仲間としてわくわくしています。


                    かえる会展 熊谷文化祭参加展 久保孝久先生も

                    0

                      宗像裕作絵画展中の八木橋百貨店の8階で、熊谷文化祭参加の「かえる会絵画展」が開催されている。

                      びっくりしたのはむじな庵の敬愛する院展の久保孝久先生が出品されていたことだ。

                      先日、院展を観て来たブログ記事でご紹介した「夜中のコンビニ」(本当のタイトルは「夜中のセブンイレブン」でした)が出品されていたことだ。

                      真ん中の作品がそれ。

                      先日久保先生が宗像裕作展に来られた時に伺ったら、先生はこの「かえる会」の指導者をされているとのことだった。

                      97歳になられる院展の大家、大野百樹先生に依頼されたらしい。

                      なるほど、こうした市民の絵画展としてはレベルが高いと思った。

                       


                      宗像裕作ジュニア来廊 台風一過の熊谷へ

                      0

                        昨夜の台風が嘘のような青空の広がる熊谷。

                        八木橋の立体駐車場の屋上から東の空を眺めるとこんな白っちゃけた明るい空だった。

                        (本当はカメラのいたずらでしょうがね)

                        暑い!

                        北を眺めると赤城山が、たなびく雲の下にたたずんでいた。

                         

                        でも台風は気まぐれに北海道を襲っているようだ。

                        困ったやつだ!

                        そんな明るい空の中を、宗像ジュニア(2歳)ご来廊になった。

                        やはり芸術家の子供だ。

                        パパに抱かれて真剣に作品を見ている

                        きっとこの子も芸術家になることだろう。

                         

                        今日は、これまでで一番たくさんのご来場者があった。

                        作品に対する驚きの評価をたくさんいただいた。

                         

                        ジュニアの来廊効果だろう。

                        ありがとう、ジュニア!

                         

                        さて、展覧会は明日でおしまいだ。

                        お時間のある方はぜひご来場を!


                        勇敢なファイヤーマン お顔の投稿

                        0

                          八木橋のエレベーターの中にこんな方がいました。

                          なんだか得体のしれない方です。

                          最初はこんな格好していたんです。

                          黒い煙に巻かれて逃げまどっているようでした。

                          それなのに、

                          少ししたらこんな装備で助けに来たんです。

                          なんなんでしょうか?

                          訳の分からない方です。

                          いえ、

                          勇敢なファイヤーマンです。

                          おでこのボタンを押すと消防自動車が飛んでくる仕組みになっているようです。

                           

                          むじな庵、無事にエレベーターから下りることができました。


                          新庄 剛志 いたんだ!

                          0

                            いたんだね新庄 剛志

                            渋谷駅の看板で見た新庄剛志

                            懐かしかったなあ!

                            新庄君。

                            君格好良かったぜ。

                            でも日本ハムを辞めてから何してなのかなあ?

                            新庄選手は、球界に変革を与えるだけの力を持っていた。

                            とても楽しい選手だった。

                            自由な選手だった。

                            それなのにスキャンダルがまったくなかった

                            そして何よりも格好良かった

                            むじな庵よりも格好良かった。

                            最近見ないからどうしているのかと思っていたんだぜ!

                             

                            良かった!


                            渋谷の神輿

                            0

                              昨日今日(9月16,17日)は渋谷金王八幡宮例大祭

                              雨の中を神輿が行きます。

                              威勢の良い掛け声が響い・・・てはいませんでした。

                              なんだかおとなしい神輿です。

                              寂しいですね。雨のせいかなあ?

                              でも皆さん一生懸命担いでいるようです。

                              鯔背なお兄さん・・・ていう感じじゃないなあ。

                              まあ、しょうがないか。都会のど真ん中じゃあ田舎のようなわけにはいきませんな。

                              続けているだけでも大したもんです。

                              がんばってほしいです。

                              わっしょい、わっしょい!


                              交通事故鑑定人 環倫一郎 モーションコミック

                              0

                                漫画元気発動計画主催のモーションコミック「交通事故鑑定人 環倫一郎」を観て来た。

                                漫画のコマをスクリーンに映し出しながら声優が声を入れていく、漫画とアニメとお芝居をミックスさせたような表現方法だ。

                                (むじな庵、最近言葉忘れは激しく、以前ならすらすら出てきた言葉が最近は出てこない。すでにボケが始まっているのだと思う)

                                生のギター演奏でオープニング

                                迫力のある声の演技、スクリーンに映し出されていくコマごとの漫画画面。

                                声優たちも漫画の登場人物にイメージを作り(そのようなキャストを選定しているようだ)迫真の演技だ。

                                 

                                小さな劇場なので、最初はスクリーンにはみ出すように出ている声優の姿が邪魔に見えたが、徐々にストーリーに引き込まれていき、違和感を感じなくなっていた。

                                 

                                ときどき気になったのは、画面の進行と声優の声のテンポがずれたり、セリフの飛びがあったことかな。

                                 

                                1時間半の公演だったが、満足できた。

                                お疲れ様でした。。


                                TBSおめざ感謝祭 in 八木橋

                                0

                                  展覧会中の八木橋百貨店の7階催場「TBSおめざ感謝祭」が開催中だ。

                                  その感謝祭を応援する、という名目でTBSアナウンサーの蓮見孝之とアシスタントの北村まあさがきて、トークショーをやっていた。

                                  ラジオで放送されていたんだろうな。

                                  しかし、うまいもんですな、アナウンサーのしゃべりというものは。

                                  まあ、内容があるのかないのかはわかりませんが、とにかくはっきりした声でよどみなくしゃべる。

                                  聴衆はこんなに集まっていました。

                                  この方々がみんな5階のアートサロンの宗像裕作展に来てくれれば良いのですが、そうもいきませんな。

                                  皆ミーハーですからね、有名人が来たと言えばこうして集まるんですな。

                                  軽〜い国民性ですな。(むじな庵もその一人で、こうして見に行きました)

                                  全国からTBSラジオで紹介された美味いもの名産品が集まって腕比べをしている訳で、ま、罪のないフェアです。

                                  むじな庵の口に入るようなものは有りませんな。


                                  栗の皮をむく

                                  0

                                    ワイフがをもらってきた。

                                    以前はむじな庭園で美味しい栗が採れたのだが、数年前に枯れてしまい、今はもう採れない。

                                    むじな栗と言われて大人気の美味しい栗だったのになあ!

                                     

                                    ま、いいか。

                                    ワイフのいただいてきた栗をむじな庵、一生懸命剥いている。

                                    むじな庵の剥くのは鬼皮だけ。渋皮を剥くのはワイフの担当だ。

                                    二人で楽しく喧嘩しながら剥いている。

                                     

                                    秋の夜が更けていく。

                                    あ、次男が帰ってきた。

                                    ワイフが次男の食事を作るために立って行った。


                                    宗像裕作 絵画展 始まる

                                    0

                                      熊谷の八木橋百貨店で、宗像裕作絵画展が始まりましたた。

                                      19日まで。

                                      宗像先生のご来場は、

                                      9月16日(土)、18日(月)、19日(火) の午後です。

                                      是非ご来場ください。

                                      今年は八木橋百貨店創立120周年で、いろいろなイベントが目白押しです。

                                      宗像展の方はこんな調子でご来場者は少ないが、皆さんとても不思議な良い気持ちになると言って、真剣にご覧になっていました。

                                      来場の皆様は、色合い、マチエール、表現方法などに驚いていました。

                                      静けさ、落ち着き、重厚な雰囲気、などから宗教的な雰囲気がある、という方もいた。

                                      キャンバス和紙を貼ってその上にアクリル絵の具で描かれていることをお話しすると、とても感心されていた。

                                      そして何よりも優しい雰囲気に包まれて安心できるという意見が多かったですね。

                                       

                                      心配なのは、この週末台風が来るということです。

                                      ぶち壊しですね。


                                      ローレライ 渋谷の駅頭で

                                      0

                                        渋谷には海のようなうねりと大河のような流れがある。

                                        その流れの中に浮かぶ岩場…駅頭の広場…からきれいな音楽、歌が流れてくる

                                        むじな庵、ふらふらと誘われて近づいてみる。

                                        歌っていたのは美しい人魚・・・ではなく、この方だった。

                                        がっかり。

                                        ま、いいや、最初から男の声だとわかっていたのだし。

                                        歌っていたのはユズの曲だったかな?むじな庵、よくわかりません

                                        お名前は いしやまもとひろ さんです。

                                        もし出会うことがあったら世炉市区!


                                        地球はあと100年の寿命 ホーキンスの失敗

                                        0

                                          宇宙理論物理学者のホーキンス氏が、人類が地球に棲めるのはあと100年 だと発言しましたね。

                                          内容はこの下のURL 

                                          https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170912-00010004-flash-ent

                                          をクリックしてください。

                                           

                                          この100年間の人類が行ってきた活動は「進歩」の名のもとに美化されてきましたが、実態は 破壊 でしかなかった、ということです。

                                           

                                          人類は、おのれの欲求を満たすために、森林の破壊、他の生物の生息地の破壊・殺戮、大気の汚染、海や川など水の汚染、戦争による物理的破壊、核や化学兵器、生物兵器による意図的な環境破壊、石油、石炭、鉄・アルミニュームなど地下資源の採掘による枯渇化、海洋資源の乱獲、航空機やロケット、人工衛星による大気圏、宇宙の汚染・・・あらゆる面で破壊の限りを尽くしてきました

                                           

                                          世界の指導者たちは目の前の経済的発展のみを目的に行動し、経済に貢献しないもの、あるいは少しでも反するものとしてきました。

                                          200年前までの人類の生活ならば、人口も4分の1程度で、循環可能なエネルギーの使い方で生活していたならば、地球は、地球における人類と動物たちの生活は数万年の寿命があったに違いない。

                                           

                                          もう、後戻りはできない。

                                          人類は破滅への道を進んでいる

                                           

                                          ホーキンス君、やっと気が付いたのかね、ついこの間まであと1000年なんて甘いことを言っていたね。

                                          反省したまえ。

                                          君がそんな甘いことを言うから、指導者たちは目の前にある危険に目を向けなかったのだ。

                                           

                                          人類よ、目覚めたまえ!


                                          宗像裕作作品展 搬入・展示

                                          0

                                            13日から熊谷・八木橋百貨店にて宗像裕作先生の作品展です。

                                            明日13日は百貨店がお休みということで、今日(12日)搬入をしました。

                                             

                                            展示方法については宗像先生かなり真剣に取り組んでいて、むじな庵が口を入れることができませんでした。

                                            むじな庵の予定では1時間半で終わるはずだった展示作業が3時間以上もかかってしまいました。

                                            でも作家の満足いく展示ができたのであれば良しということでしょう。

                                            宗像先生も納得いったのでしょう、写真を撮っています。

                                             

                                            さて、13日からの展覧会、ぜひ来てくださいね。


                                            ディズニーストア渋谷 凄いな

                                            0

                                              ディズニーは人気あるんだなあ!

                                              渋谷のディズニーストアに入ってみた。

                                              店構えからしてなんかいいムードなんだよなあ!

                                               

                                              やっぱり日常の単純な生活から、一瞬でもスピンオフしてメルヘンに引き入れてくれるからなんだろうなあ!

                                              エントランスホールはこんなに混雑しています。若い人たちばかりです。

                                              むじな庵場違いな感じです。

                                              意外と狭くて、狭いらせん階段を昇って3階まで行けるのですが・・・。

                                              ま、1階以外は普通のショップですな。

                                              むじな庵の買いたいようなものはおいてありませんでした。


                                              永井豪の作家活動50周年イベントを観て来た

                                              0

                                                dynamic 豪!gogo!」を観て来た。

                                                漫画家永井豪の作家活動50周年イベントが、イラストレーターの横田守さんのフェイスブックで紹介されていたからだ。

                                                永井豪は、むじな庵の若いころに少年誌でよくみていた。

                                                • 凄ノ王(凄ノ王伝説)なんか好きでしたね。マジンガーzなどのロボットものは見なかったな。

                                                横田守さんは、イラストTシャツのデザインを出品していましたね。

                                                左のグリーンのTシャツが横田さんのデザイン。

                                                陰になっている左側のイラストが横田さんの作品。

                                                記念メダルが金メダル(300,000円)と銀メダル(27,000円)がありました。

                                                ロボットのフィギュアもいっぱい展示されていました。

                                                いろんな漫画を描いていたんですね。

                                                むじな庵の知らないものの方が多かったですね。

                                                 

                                                マンガ世界に冠たる日本の文化として育ったのには、こうした作家たちの才能が有ったのだなあ、と思う。


                                                堆肥を畑に撒いて・・・良い汗をかいた

                                                0

                                                  ここ数日天気が良かったので、庭先にある2万むじなエーカーほどの畑づくりをした。

                                                  夏の野菜が終わったので秋から冬へかけての作物作りを準備しなければならないのだ。

                                                  夏野菜の枯れた根を掘り、新たに肥料を加えて耕したのだ。

                                                  肥料と言ってもこんな堆肥だが、その作業が大変なんですぜ。

                                                  左側の枠の中に有った熟成した堆肥畑に撒き右側に溜まったまだ生な堆肥左側へ移さなければならない。

                                                  堆肥は、積んだままではなく、必ずひっくり返して空気を入れ替えてやらなければならない。本来ならば3回やっるべきなのだが、むじな庵農園には堆肥枠が2つしかない。だから一回だけひっくり返す。

                                                  畑に撒いて空になった枠(左)へ右の枠から移すのだ。

                                                  (この写真は移し終わった後

                                                  およそ堆肥が百トンにもなる巨大な堆肥枠だ。それを力仕事で移すのだから生半可ではない。

                                                  生な堆肥は重いのだ。

                                                  それをこの干藁用のホークで移すのだ。

                                                  やってみなせい、体力使いますぜ!

                                                  案の定、ホークの柄が折れちゃった。

                                                  おじいちゃんの代から使っているまだ50年くらいしか使っていない新品のホークだ。まあ、仕方ありませんな。

                                                  仕方ないので、あとはスコップでやりました。

                                                  そうしたらカブトムシの幼虫が出てきちゃった。

                                                  心太朗に見せてあげたかったな!

                                                  最近めっきり少なくなってしまったカブトムシだ。

                                                  死なしちゃいけない。

                                                  すぐに土や枯れ葉をかけ、その上にいっぱい草や葉っぱを掛けてやりました。

                                                  むじな庵、動物愛・・・じゃなくて愛虫家ですな。

                                                   

                                                  というわけでよい汗をかきました。


                                                  地球は狙われている。 宇宙からの監視

                                                  0

                                                    宇宙からの監視を受ける地球。

                                                    空に浮かぶ不思議な生命体の姿が目撃されている。

                                                    その生命体は常にカモフラージュされ、時に応じて姿を変えているらしい。

                                                     

                                                    むじな庵が異様な雰囲気の音楽のようなイメージのような刺激を受け空を見上げた時に見えた光る物体。(帽子を被ったカネゴンみたいな姿でした)

                                                    何かメッセージを伝えたいような様子だった。

                                                     

                                                    むじな庵、その物体から邪悪なものは感じ取れなかったが、何を考えているのか、どんな目的で地球を監視しているのかを知ることもできなかった。

                                                    むじな庵が心の中で強いメッセージを送ったのだが、彼は数分後には雲の中に消えて行ってしまった。

                                                     

                                                    彼は地球にとって味方なのか敵なのか、不安が募る。

                                                    (むじなのたわごとです)


                                                    スタバ 渋谷センター街入り口で

                                                    0

                                                      渋谷センター街入り口にある西武渋谷店の一角にあるスターバックスコーヒー

                                                      ハチ公前交差点を渡ったところにあり、良く目立つ店だ。

                                                      店内は狭いのだが、外までずらりと並んでいる。

                                                       

                                                      むじな庵、スタバのコーヒーを美味しいと思ったことが無い

                                                      みんな本当においしいと思って飲んでいるのかなあ?

                                                      おしゃれだと思って飲んでいるだけじゃないのかなあ?

                                                      むじな庵の邪推である。

                                                       

                                                      まあ、言えることは、スタバを飲んでいる奴は格好悪い奴が多い、ということ。


                                                      銀の珠 東京都美術館

                                                      0

                                                        院展を観るために東京都美術館へ行ったときのことです。

                                                        入り口付近に妙な銀の珠があり、覗いている人がいます。

                                                        これまで何度も来ているのに気が付きませんでした。

                                                        隠遁の術でも使って隠れていたのでしょうか?

                                                        それとも心の曇ったむじな庵には見えなかっただけなのでしょうか?

                                                        なんだかパチンコの玉みたいです。

                                                        いろいろなものが写っています。

                                                        きっとこれは心を写しているのだと思います。

                                                        きれいな空が見えます。きっとむじな庵の心は晴れ晴れとしているのだと思います。

                                                         

                                                        この写真ではわかりにくいけど実際に見てみると、とても深みがあって不思議な気持ちになるです。

                                                        是非皆さんも見てきてください。

                                                        あっ、でも心を明るく、きれいにしていないと、この珠自体が見えませんのでお気を付けください。

                                                        はい、この真ん中のダンディーなおじさんがむじな庵です。

                                                        鏡の国のむじな庵です。


                                                        院展 再興第102回 を観て来た

                                                        0

                                                          第102回復興院展を観て来た。

                                                          東京上野・東京都美術館。

                                                          院友の久保孝久先生から招待券が送られてきたのだ。

                                                          久保孝久の作品はこれ「雪林に差す」。

                                                          久保孝久はご自分の取り組んだモチーフをとても大切にし、長い期間そのテーマを取り組み続ける。

                                                          むじな庵、その姿勢は好きだ。

                                                          そして、この雪の風景が今のテーマだ。

                                                          静かな雪の林間を抜ける道。いくつかの轍の跡がある。

                                                          きっと何時間も前に通った車の軌跡だろう。

                                                          その轍の跡に優しく差し込む林間からの光。

                                                          冷たいのに暖かい。

                                                           

                                                          このようなモチーフを描く作家を数人知っているが、油彩画が多い。

                                                          みな大変素晴らしい作品だ。

                                                          そして、久保孝久の雪も負けていない。

                                                          久保孝久のこんな作品がある。

                                                          「夜中のコンビニ」

                                                          これは時代を表現したモチーフであり、また、なんとも言えないリアリズムだ。

                                                          久保孝久侮れない。

                                                           

                                                          おっと、院展の話ではなく、久保孝久先生の話にのめり込んでしまった。

                                                           

                                                          院展の作家はみな、技術的には素晴らしくうまい。

                                                          だが、取り組むモチーフが古かったり、パターン化していたりすることが多く、見ているといくつかのパターンでどれも同じに見えてきてしまう。

                                                          はっきり言って面白くない。


                                                          龍のワークショップ

                                                          0

                                                            兜屋画廊で待ち合わせたT氏と門やンの主催するワークショップ、「村井紘一龍のワークショップ」を表敬訪問した。

                                                            ワークショップ参加者に一緒に自分でも龍を描く門やン。上手いものだ。

                                                            まだ、どこか足りないらしい。

                                                            むじな庵「画竜点睛が足りないですな」とちょっかいを出す。

                                                            門やン不満そうに「まだまだこれからなんだ!」ときつい口調。

                                                            むじな庵「へいへいわかりました」と舌を出す。

                                                            画像に含まれている可能性があるもの:12人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

                                                            写真は門やンのFB「村井紘一龍のワークショップ」から。

                                                             

                                                            参加者の方々は、初めて龍を描くという方ばかりらしいが、皆それぞれにしっかり描けていた。インストラクターの村井さんの指導が良いのだろう。

                                                             

                                                            は世界中で大きな評価を得ている空想上の動物だ。しかも超人的な力を持った存在である。それぞれの人に龍に対する思いがあるのだろう。だから、龍を描くときにはその人ごとの想いが作品に現れて来るのだと思う。

                                                            実際、描いている皆さんの龍はそれぞれユニークだった。

                                                             

                                                            こんなワークショップは面白いと思う。


                                                            銀座の高級店でてんぷらを食べる。

                                                            0

                                                              残念、料理の写真を撮り忘れた。仕方ないのでメニューだけ撮りました。

                                                               

                                                              兜屋画廊で待ち合わせたT氏に誘われて銀座8丁目の高級なてんぷらやに入った。

                                                              対面式のカウンターで、目の前で上げたてんぷらが頃合いを見計らって出てくる。

                                                              美味しかった。ご飯も美味しかった。

                                                              昼間からビールをいただいて、一層美味しかった。

                                                              たまにはこうした美味しいものを食べるのもいいなあ!

                                                              しかも、T氏のおごりでした。


                                                              | 1/125PAGES | >>

                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                                   12
                                                              3456789
                                                              10111213141516
                                                              17181920212223
                                                              24252627282930
                                                              << September 2017 >>

                                                              ブログランキング

                                                              ↓応援よろしくお願いします↓

                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recent comment

                                                              recent trackback

                                                              links

                                                              profile

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM