民事訴訟管理センター 振り込め詐欺

0

    大変です。

    なんか最終通知書が届きました。

    最初が無いのに最終通知です。

     

    しかも総合消費料金が未納だというのです。

     

    総合消費料金、って何でしょうね?

    凄い日本語です。

    葉書の内容です。

    裁判取り下げの連絡をしないと裁判所が差し押さえに来るというのです。

    しかもその最終期日が明後日だというのです。

    初めての通知が最終通知です。

    怖いですねえ!

    親切ですねえ、裁判取り下げの相談にのってくれるというのです。

    通知してきた本人が取り下げに乗ってくれるというのですから、なんて優しいんでしょう!

    で、ここに電話をしなさい、っていうんです。

    民事訴訟管理センター、っていうのがあって、消費者相談窓口本人から連絡しなさい、っていうんですね。

     

    ここへ電話したら全部解決するのかな、って思う人がいるんでしょうね。

     

    まあ、はがきを見てすぐに詐欺だな、っていうことはわかったので、とりあえず警察に電話しました。

    他にも連絡が入っているようでした。

     

    警察の生活安全課、っていう部署が担当しているんだけど、真剣に対策しようとは思っていないようだってことはすぐにわかりましたね。

    もしかしたら警察もグルなんじゃないか、と思ったくらいです。

    ま、そういうことで、、なんか寂しい時代だなあ、って思いました。


    ゴーンさん 逮捕へ

    0

      日産のゴーン会長が逮捕されることになったようです。

      ゴーンさんのリストラで退職したむじな庵としては・・・別に何も感じませんな。

      定年まで2年を残して希望退職したむじな庵に後悔は全くないし、むしろ新しい人生へ飛び込むチャンスを作ってくれたとさえ言えるのだから。

      そのゴーンさんなんで逮捕されることになったんでしょう?

      自分の給料を過少申告して、株主を騙したってことなんですね。

      むじな庵、過少申告できるくらい給料を取りたいなあ!

      10億円の給料。

      20億円!

      多いようだけど一流の野球選手より少ないなあ。

      それに欧米では普通だしなあ!

      でもそれを少なく報告しちゃアいけないんですね。

      トータル50億円位の過少報告らしいんだけど、これだけの巨大企業の功労者の給料としては多くもないし。

       

      ただ、これ内部の人間による告発だっていうところがなんかいやだなあ!

      結局権力争いの結果なんですな。

       

      これがひどい悪事の暴露であれば当然なんだけど、あんまり怒りを感じる犯罪じゃあないんだよなあ!

      だけど、なんで過少申告なんかしたんだろう?

      違法なことして得になることなんかないのに!

      ゴーンさん、お疲れ様。


      エノコログサの詩

      0

        むじなニュータウンをウオーキングしていると並木の木の根元にエノコログサのひと群れが日に照らされて輝いていた。

        夏の青いエノコログサと違って穂が白っぽく枯れ、葉が紫色になっているものもあり、カラフルできれいです。

         

        エノコログサって「猫じゃらし」って呼ばれていますね。

        で、調べてみたら、漢字では「狗尾草」・・・狗(イヌ)の尾の草って書くんですね。

        花穂が犬の尾っぽに似ているので「いぬっころくさ」と呼ばれ、それがなまってエノコログサになったらしいですね。

         

        で、その穂を猫の目の前で振ると猫がじゃれるので「猫じゃらし」と呼ばれるようになったということです。

         

        イヌとネコの両方の名前が入った植物も珍しいなあ、と笑っています。

        その楓の並木道はきれいな秋空の下で寂しく散り始めていました。


        サイバーウオー時代、どうなる!

        0

          インターネットの発達はとても便利な社会を作りだしてくれるけど、その分だけそのことによる危険も増大しているんですね。

          常に物事は正・反・合で、全部足すと0になるようになっているんだなあ!

           

          アメリカと北朝鮮がハッキング競争しているけど、行きつく先は無いな。

          民間の企業や個人も被害を受けているようだ。

          昨年猛威を振るった身代金要求ウイルス、ワナクライでは、実際に大きな被害が出た。

          世界で23万台のコンピューターが感染し、日本では日立製作所などが被害を受けた。

           

          ワナクライは、

          感染させたコンピューターを救うには300ドルビットコインで支払えと要求してくる。

          300ドルくらいだから払っちゃう人がいるが、支払っても回復しないから払わない方が良い。

          これは北朝鮮政府の仕業だ。

           

          このワナクライ、世界中で使われているウィンドウズのセキュリティーの脆弱性が原因。それを最初に発見したアメリカの企業(NSA)がひそかにサイバー兵器を作ったのだが、それを北朝鮮にハッキングされ盗まれてしまったことによるものだ。

           

          今、国際的には、敵国の兵器開発やミサイル発射を阻止するためにも使われているようだが、誤って発射させてしまうことだってあるだろう。

           

          お互いの姿を見ることもなく、コンピューターの画面を見ながらの戦争、なんだかわけがわからなくなってしまうなあ!

          平和のために使ってほしいなあ!

           


          壽萬亀のポスターに、松本零士先生が!

          0

            先日のむじな老人会旅行のときのことだ。

            こんなポスターがあった。

            壽萬亀という酒蔵の休憩テーブルに置いてあったのだ。

            松本零士先生、お酒もたしなまれるのかな。

            松本零士先生 監修、となっているけど、なにを監修されたのだろう?

            お酒かな?

            お酒のパッケージかな?

            このポスターのデザインかな?

            それともこのお酒の銘柄「南総里見八犬伝」という作品があるのかなあ?

            戦国のアルカディア」のことかなあ?

             

            不思議なポスターだなあ!

            で、このお酒、金賞を取ったようです。

             


            群馬(前橋)の夕日 ウインドーの向こうに!

            0

              日本絹の里の帰り道。

              あんまり夕日がきれいだったので写真を撮ったのですが、車のウインドーガラス越しに撮ったのでガラスの汚れが入ってこんなでした。

              みたいのは車の汚れです。

              バックミラーに映った夕日も奇麗でした。

              でも実際はもっと鮮明で美しかったですよ。


              蚕 日本絹の里で

              0

                日本絹の里生きている蚕を観ました。

                なんかの根っこみたいですね。

                じっとしているのが多いのですが、ときどき少し動きます。

                下の緑色の物体で、これを食べているらしいのですが、見ていてもわかりません。

                こんな風に展示されているんです。

                おおっと、首をあげました。むじな庵を見ています。

                なんだかムクイヌみたいで可愛いです。

                でもむじな庵は触りたいとは思いません。

                この方平気で触っていました。

                今日は、初めて説明員の方に、日本の養蚕・絹業についていろいろお話を伺いましたが、やはり聞いてみるもんですね。いろいろなことが分かってとても楽しかったです


                糸締め人形 と オールドノリタケ展 日本絹の里

                0

                  日本絹の里で開催中の「生糸貿易の偉人とオールドノリタケ展」に行ってきた。

                  清水英寿作・糸締め人形による生糸の偉人たち

                  人間国宝・辻村寿三郎の一番弟子と言われるだけあって、高い完成度の人形たちだ。

                  今回の展覧会はこの糸締め人形とオールドノリタケの展示会なのだが、オールドノリタケは写真を忘れた。オープン準備時のときのブログでご紹介しているので勘弁してください。

                   


                  鶴太郎さんと モンテカルロギャラリーにて

                  0

                    モンテカルロギャラリーにて片岡鶴太郎氏とお会いしました。

                    鶴太郎さんって、一目でそれとわかる存在感がありました。

                    少しだけお話ししましたが、独り占めはいけませんね、パーティー会場ですから。

                    たくさんの方のご挨拶を受けていました。

                     

                    下記URLは、次男の荻野綱久氏の展覧会レセプションにて。

                    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000385-oric-ent&fbclid=IwAR1_QSyyJrH7nsh3rEfqKHVZW_PiyNsoIbCq-cbPNVyllIval1ZqxG7gv3g

                     

                    一緒に行った門やンさんも、歓談していました。

                    門やンさんは黒柳徹子さんの従姉弟さんなので、先日、綱久さんが収録した徹子の部屋の話で盛り上がっていました。

                    さて、今日の主役の新進画家・荻野綱久氏、さすがにテレビの取材や接待に忙しそうでした。でもちょっとだけ時間を割いていただきました。

                    こうして若い方と並ぶとむじな庵のお爺さん度がグッとアップしてしまいます。実際がっかりしてしまいます。

                    ま、しょうがないですね、歳なんだから。

                    でも精一杯の抵抗をして、写真を少し加工させていただきました。


                    モンテカルロギャラリー 荻野綱久展

                    0

                      六本木のモンテカルロギャラリーで、荻野綱久が開催される。

                      期間は11月17日〜30日

                      そのレセプションがあり、むじな庵も参加した。

                      先日その作品をご紹介したが、今回はさらに成長した新作が展示されていた。

                      この2作品は、心の中心から大きく羽ばたこうとする作家の激しいエネルギーを感じさせてくれる。

                      燃えるような色彩。

                      色の使い方にまだ生なものがあるが、それが今後の伸び代の大きさを感じさせてくれる。

                      抽象の中に少し具体的なモチーフを入れ込むようになってきているが、奔放な荒々しさをコントロールする精神力が備わってきているからなのかもしれない。

                      きっと・・・おそらくは作家本人もその変化の内容に気が付いていないのではないかと思われるが、これは大きな成長だ。

                      この作品は今回、最も安定した作品のように思う。

                      まだ、絵の詳細をどうこういう必要は無いと思う。これからどんどん、大きく成長していく過程の作品だからだ。

                      ではあるが、深黒のキャンバス(背景)に、大胆な筆遣いでこれだけの完成度を持つフォルムを描き出すことはかなりの画力であると言わざるを得ない。

                      どうぞこのブログ上のむじな展覧会をお楽しみください。

                       

                      荻野綱久、一年後が楽しみだ!


                      愛しき2000GTR 最新モデルも

                      0

                        スカG!

                        銀座の日産ギャラリーにスカイライン2000GT−Rが展示されていました。

                        これは、1972年のモーターショーに展示されたレーシングコンセプトらしい。

                        73年からレースに参戦する予定だったようだが、折からの排ガス問題で頓挫幻のGTRとよばれた車だ。

                        丸いテールランプがトレードマークだったスカイライン。

                        カッコよかったなあ!

                        これが新しいGTRコンセプトカー、GTR50

                        まさに現代的なデザインですな。

                        格好いいのかヘンテコなのか?

                        まあ、最新技術の粋が詰め込まれているんですな。

                        そして丸いテールランプはしっかり受け継がれていますね。

                        で、このGTR5050とは何だと思いますか?

                        これ、GTR生誕50周年を記念した50だそうです。

                        これはコンセプトカーだから、このままでは街を走らないだろうけど、これからはこんなイメージの車がドンドン出てくることと思います。

                        時代が変わったなあ!

                         

                        でもむじな庵はこんな車には乗りません。

                        怖いから!


                        銀座6の蔦屋、スタバは大繁盛だけど!

                        0

                          銀座6って、人は入るけど買い物をしないらしいですね。

                          で、利用するのは蔦屋スタバ

                          今日もたくさん入っていました。

                          お茶しながら本を読む、ってことが受けているんですかね。

                          でも、銀座6自体は成り立っていくんでしょうかねえ?

                          心配です。


                          銀座6のシェアアハウスで青年実業家と歓談

                          0

                            銀座6シェアオフィス青年実業家のS氏と歓談しました。

                            5〜6年前からのお付き合いなんですが、ここ数年お互いに忙しくてお会いできなかったんです。

                             

                            青年実業家S氏から「やっと少し時間が取れるようになった」ということで連絡があり、お会いする運びとなった、ということですね。

                            むじな庵も11月は展覧会が無かったため時間が取れたんです。

                            お会いしたのはS氏の利用しているシェアオフィス

                            ここは銀座6の13階

                            ビジネスマンたちが様々に仕事をしたり会話したりしている。

                            英語が飛び交っているなあ!

                            窓の外には銀座のビル街が広がっているのだった!

                            で、むじな庵がお会いした青年実業家S氏とはこの方。

                            相変わらずハンサムでした。

                            若い方々とお話するのは自分も若返るものですね。

                            ほぼ1時間、楽しくお話ができました。


                            銀座6ロビー飾り 白象に!

                            0

                              銀座6ロビーの飾りが変更されていました。

                              前回来た時は草間彌生の水玉のかぼちゃだったんですが、今回は白い象です。

                              ロビーの天井をのっしのっし歩いています。(実際は動いていません)

                               

                              とてもきれいですよ。


                              キログラム原器 引退 今度はケイ素原子の数で! 日本で開発。

                              0

                                130年間、重さの定義の基準となっていたキログラム原器が引退することになりましたね。

                                現在日本に配布されたの原器(コピー)はこんな容器に入れられ、茨城県つくば市独立行政法人産業技術総合研究所に、極めて厳重な金庫に収められて保管されています。

                                Wikipediaには、下記のように記載されています。

                                 

                                国際キログラム原器直径・高さともに約39mm円柱形の、プラチナ(白金)90%、イリジウム10%からなる合金製の金属塊である[6][7][8]フランスパリ郊外セーヴル国際度量衡局(BIPM)に、2重の気密容器で真空中に保護された状態で保管されている[9]

                                その国際キログラム原器のコピーが「日本キログラム原器」として保管されているんですね。

                                しかし、その日本国キログラム原器は国際キログラム原器に比べて0.176mg重いことが分かっているということです。

                                 

                                やはり物質で作ったものなので、不安定なんですね。

                                で、今度はケイ素原子(SI)の数で決めることにしたようです。

                                それはこんな形になるようです。

                                ケイ素原子20兆×1兆個の重さ(質量)でできているようです。

                                これだと、原器自体が失われても、何度でも作り直し出来るんですね。

                                で、この発見と技術は日本で開発されたようです。

                                やりましたね。

                                この変更は、私たちの日常生活には影響が無いらしいですね。

                                 

                                こうした物事の基準となることは私たちの目に触れることの無い形で作られ管理されているんですねえ!

                                ついでに、長さや時間の定義についてもお勉強してくださいね。

                                 

                                 

                                 

                                 

                                 


                                むじなオフィスの生垣を刈る

                                0

                                  むじなオフィス植え込みが凄いことになっています。

                                  周りから「早く刈り込め!」と厳しい叱咤が飛んできます。

                                  むじな庵はこういう状況が好きなんですが、はたから見ると雑な生垣と見えて見苦しいらしいのです。

                                  この中には馬酔木の実や

                                   

                                  紛れ込んできた蔓草の実など、楽しい仲間も一緒になって、多様性を構成して魅力的なんだけどなあ!

                                  で、一生懸命刈り揃えたのがこれ。

                                  これじゃあ詰まりませんよね。

                                  それに粗末なむじなオフィスが丸見えになっちゃった。

                                  でも、この松は今年はこのままにしておこうと思います。

                                  ちょっと混み過ぎてしまったけれど。

                                   

                                  きっと良い年が来ると思います。


                                  第一次世界大戦から100年 自国第一主義の台頭の恐怖

                                  0

                                    11月11日、第一次世界大戦終結100年記念式典が開催された。

                                    関わった国々のトップが集まり、平和について話し合ったのだ。

                                    しかし、トランプ大統領は式典には出席したのだが、会議は欠席してしまった。

                                     

                                    今、自国第一主義の動きが大きな力をもって台頭し、世界協調を目指す勢力を圧倒している。

                                    大戦では、兵士だけで1000万人(第2次世界大戦の900万人より多い)が死んだという。

                                     

                                    そんな悲劇を繰り返さないために国際連盟が出来た。

                                    しかし敗戦国ドイツに倒する過酷な賠償請求のため、その不満からヒットラーが生まれ、第二次世界大戦の糸口になっていった。

                                    悲惨な第二次世界大戦の反省を踏まえ、国際連盟国際連合へと発展することになったのだが。

                                     

                                    しかし、ここにきて、新たな脅威になっているのがアメリカのトランプに代表される自国第一主義

                                    自分だけ良ければよい」という考え方の台頭は、まさに争いの根本原因だろう。

                                    このままこの勢力が主流になっていけば、また世界大戦へとつながりかねない。

                                     

                                    中東を中心に内戦や民族、宗教を原因とする戦争が発生しており、中国などの大国が覇権主義的な膨張戦略を展開している現代世界は、実は非常に危険な状況であることを知るべきだろう。

                                     

                                    むじな庵は平和なむじな郷で安穏と平和をむさぼっているが、ニュースを見聞きするたびに暗澹とした気持ちになるのであった。


                                    人面魚 

                                    0

                                      先日、むじな部落の老人会の旅行がありました。

                                      その時、人面魚さんに会ったんです。

                                      偉そうな顔していたんです。

                                      むじな庵なんかより余程立派な顔なんです。

                                      悔しいです。

                                      いらっしゃったのは千葉県大多喜町

                                      山の中もいいとこです。

                                      養老渓谷という、まあ、深い渓流があって、養老の滝があるのかと思ったら、

                                      粟又の瀧、という名前でした。

                                      で、これが粟又の瀧(あわまたのたき)

                                      大したことはありませんね。

                                      その粟又の瀧の入り口にある土産店の池に、この人面魚さんがいらっしゃたのだ。

                                      これはそのお土産屋さんではないですよ。

                                      ええ、この方です。

                                      立派なヒゲですね。お爺さんみたいです。

                                      でも、

                                      この方々よりは魅力的ですね。

                                      人格を感じます。

                                       

                                      人面魚さん、

                                      いつまでも元気でいてください。


                                      欅 美しき

                                      0

                                        むじな庵庭のはずれに立つ1本の

                                        まだ植えてから20年くらいしか経っていない若い木だが、毎年美しい紅葉を見せてくれる。

                                        青く晴れ渡った空にのびのびと枝を広げている。

                                        これからどんどん大きくなって、そのうち道の上にまで枝を広げ、葉を落として迷惑をかけることになるのだろうなあ。

                                        それに木の上には電線が通っている。電線を押し上げちゃったりして事故を起こすかもしれない。

                                        まあ、それもむじな庵の生きているうちではあるまい。

                                        今は彼の美しい姿を楽しませていただくことにしよう。


                                        むじな芋煮会 

                                        0

                                          11月なのに夏日、温かく爽やかな1日でした。

                                          むじな部落の農家の庭で、今日は楽しい芋煮会です。

                                          むじな庵、少し遅れていきました。

                                          もう皆さん十分飲んでまったりしています。

                                          むじな村の農家の方やむじなニュータウンの方々が楽しく歓談しています。

                                          主催者は芋煮焼き物に大わらわ。

                                          飲んでる方々は勝手なことを語り放題。

                                           

                                          むじな庵、短時間に浴びるほど飲み、たらふく吐くほど食べました。

                                          楽しく飲むといくらでも入ってしまうのです。

                                           

                                          楽しくのんびり時が流れていきます。


                                          ヘクソカズラの実が生った

                                          0

                                            ヘクソカズラの実が生りました。

                                            むじな駐車場の一角に枯れ枝が積み上げられていて、その枝に絡まるようにして日に照らされている。

                                            初冬の、風情ある風景だなあ!

                                            ついこの間まではこんな風に花も実もある感じだったのだけれど、もう花はすっかり落ちちゃったんだなあ!

                                            小さいけれどきれいな花なんですよね。

                                            それなのに”ヘクソカズラ”は無いですよね。

                                            ・葛ですよ。

                                            葛はまあ、良いとして、屁、や糞とは言い過ぎです。

                                            ただなあ、この花、茎や実が臭いんですよね。

                                             

                                            でも、実にはお肌に潤いを与える効果があるので化粧料にも使われているし、ひび、あかぎれなどのとしても使われていたんですよ。

                                             

                                            まあ、どんなものも欠点だけじゃないんですね。

                                            このむじな庵にだって、1つや2つは良い点もあると思います。

                                            探すのは難しいかもしれないけれど!


                                            NHK杯フィギュア 男女とも優勝

                                            0

                                              NHK杯フィギュア、男女とも日本優勝しましたね。

                                              女子に新星現る、です。

                                              16歳の紀平梨花さんが224.31点で優勝したのです。

                                              もう、真央ちゃんの時代は遠くなりましたね。

                                              当面は負けないだろうと思っていた宮原智子を逆転しての優勝です。

                                              で、これが可愛いんだなあ!

                                               

                                              見ていて楽しい、魅力的なスケートだった。

                                              で、2位が宮原知子。3位はロシアのトゥクタミシェワ。

                                              日本勢のもう一人三原舞依は惜しくも4位

                                              4位の三原舞依(20歳)も悪くなかったですね。

                                              日本勢は3人とも200点超えですからね。

                                              これからこの3人の時代かなあ?

                                              いや、本田真凛ちゃんも頑張ってほしいなあ!

                                              もちろん宮原知子(20歳)も実力者だし。

                                              きっと、今回の2位は屈辱だったろうから、これから頑張るんだろうなあ。

                                               

                                              これからしばらくは女子日本勢は安泰だなあ!

                                               

                                              で、男子は今回優勝した宇野昌磨君(20歳)がまだまだ若いし、絶対王者の羽生結弦も健在。

                                              男女とも日本は世界トップ

                                              黄金時代だなあ!


                                              烏瓜 老残

                                              0

                                                烏瓜が柿の木にぶら下がっている。

                                                もう少し皺が寄っている。

                                                秋も終わりなんだなあ!

                                                立冬も過ぎたしなあ!

                                                赤さも少し暗くなっているなあ!

                                                老残・・・むじな庵みたいだなあ!

                                                でも爽やかな秋の・・・もう冬か・・・青空に気持ちが良いなあ!

                                                 

                                                山村の美しい自然がどんどん失われていくけれど、烏瓜には頑張って生き抜いてほしいな!

                                                 

                                                青空に約束果たせ烏瓜 むじな庵


                                                短大生たちと、むじなの森の体験学習

                                                0

                                                  今日は、むじな庵邸の裏山にある短期大学(山村短期大学)の学生たちに、里山の森の保全管理を体験してもらうイベントがありました。

                                                  むじな庵の所属するNPOで、短大の依頼を受けて毎年開催しているのです。

                                                  むじな庵邸の裏山の短大の塔

                                                  以前は女子大だったのですが、最近は共学になり男子も少しだけいます。

                                                  でも、大半はピッチピチの10代の女子学生です。指導するお爺さんたちも今日は元気はつらつです。

                                                  森で採取した植物を確認しています

                                                  常緑樹、と、秋の花、という条件で採取してもらいました。

                                                  今日のテーマは森の散策、植物採取、ヒノキの伐倒、下刈り作業です。

                                                  ヒノキ林を前に説明と注意事項をしっかり話します。

                                                  でもあんまり真剣に聞いていないようだなあ!

                                                  さあ、実際に気を伐ってもらいましょう。

                                                  おっと、もう少し腰に力を入れて、日本のノコギリは引くときに切れるんだぜ!

                                                  始動するお爺さん、学生のへっぴり腰に活を入れています。

                                                  やっぱ女の子はパワーがないなあ。

                                                  でも指導員のお爺さん、にこやかだなあ!

                                                  さあ、引っ張って倒すぞ!

                                                  しっかり切り込みが入ったらロープで引き倒します。

                                                  この時が一番危険です。倒れた木の枝が当たったら大変です。途中の木に滑車を設置し、木の倒れる方向から外れて引っ張ります。

                                                  上手く倒れました。歓声上がりました。

                                                  理想的な切り口でした。

                                                  安全を確認しながらの作業は、いろいろな面で完璧でした。

                                                  さあ、次は下刈り作業です。山道を歩いて移動します。

                                                  むじなの森を知っていただくために、山道を歩いていただくのです。

                                                  さあ、刈り払い機を使って実際に草刈りをしてもらいます。

                                                  いい加減な気持でやると大きな事故につながります。

                                                  指導員のお爺さんの指導にも熱が入ります。

                                                  学生も腰が入った良い姿勢で刈っていきます。

                                                  お疲れ様でした。

                                                  無事にすべての活動が終わりました。

                                                  皆さん楽しかったようです。

                                                  皆さん楽しい思い出になったことでしょう。

                                                  もし、気を伐ったり、草刈りをすることがあったら、今回の作業を思い出してくださいね。

                                                  皆さん それぞれの思いを胸に、学校まで歩いて帰って行ったのでした。


                                                  金色の木のみ みかんが実り始めた

                                                  0

                                                    広大なむじな農園の片隅にひっそりと植えられたみかんの実が黄色くなり始めた。

                                                    一月ほど前から少しづつ色づき始めたのだが、ようやくこのような色に実ったのだ。

                                                    そろそろ食べられるころだな。

                                                    3本しかないので、十分ではないけど、

                                                    しばらく楽しめそうだ。

                                                     

                                                    季節の果物が木から自分の手で採って食べられるのはうれしいな。


                                                    日本を売る気か、安倍政権

                                                    0

                                                      【山本有二・農水相(時事通信フォト)】

                                                      知らないうちに日本はとんでもない方向に進んでいるようだ。

                                                      先日、テレビで国会中継を見ていたら、水道事業を民営化することに対して野党が追及していた。

                                                      その時は、仕事中でもあったのであまり気にしていなかったのだが、Facebookでこのニュースをアップしている人がいた。

                                                      読んでみて改めてびっくり。

                                                       

                                                      安倍自民党政権本気で日本を売り飛ばそうとしているのかもしれない。

                                                      そのことに関する記事が下記。

                                                      **********

                                                       いま、この国では国民が代々受け継いできた財産が次々と外国に売り払われている。

                                                      今年6月、安倍政権は自治体に公営事業売却を促すPFI法改正案を成立させた

                                                      PFIとは自治体が上下水道や空港などの運営権を民間企業に売却してまとまった資金を得るかわりに、料金収入など収益はすべて企業に入る仕組みだ。

                                                      安倍政権は今後10年間で21兆円分の公営事業を民営化するという空前の払い下げ目標を掲げた。

                                                       その最大の商品が「世界で最も安全で安い」といわれる日本の水道事業だが、
                                                      主食のコメ商品棚に陳列されている

                                                      これまで日本のコメ、麦、大豆の3品種は「種子法」(1952年制定)で国が徹底的に保護し、都道府県の農業試験場などで品種改良が重ねられて米だけでも839品種以上の種を安く農家に提供してきた。

                                                       ところが、昨年2月、政府はこの種子法廃止を閣議決定し、国会ではわずか衆参12時間の審議で可決成立した。

                                                       農作物の種子は国家戦略物資だ。

                                                      世界では米国、ドイツ、中国などの多国籍企業が種子や植物の遺伝情報という貴重な知的財産を片っ端から収集して各国の農業を支配し、ロシアなどは対抗するため種子の自国開発に力を入れている。

                                                       そうした国際的な種子戦争の最前線にある日本は、種子の保護をなぜ放棄したのか。

                                                      「種子法は種を売らせないための非関税障壁だ」という外圧に屈したからだ。

                                                       そればかりか、農水省は都道府県に対し、

                                                      蓄積した種子の生産技術を「民間事業者に対して提供する役割を担う」

                                                      という事務次官通知まで出した。

                                                      貴重な種子の知的財産を多国籍企業などに「無料で与えなさいというのである。

                                                      山田正彦・元農水相(民主党政権時代)が語る。

                                                      「日本が食料自給率を守るには冷害に強い品種、暑さに強い品種、干ばつに強い品種など多様性が欠かせない。例えば『ひとめぼれ』は冷害に強い。1993年は冷夏で米が大凶作だったが、ひとめぼれだけは豊かな実を結び、日本人の胃袋を救った。

                                                       ところが種子法が改正され、さらにほぼ同時に施行された『農業競争力強化支援法』では、銘柄が多すぎるから集約するとしている。おかげで自治体は多くの品種改良を続けることが難しくなるのではないか。

                                                       農家は毎年、民間から高価な種子を買わざるを得なくなるが、大手の種子製造は世界的な化学メーカーが行なっており、種子と合成肥料、農薬をセットで売り込む。日本の農業が外資など大資本に支配されてしまう」
                                                       

                                                       種子法廃止を閣議決定した責任者は当時の山本有二・農水相と齋藤健・副大臣(その後、農水相)だが、もうひとり、種子法廃止に重要な役割を果たした政治家がいる。

                                                       自民党農林部会長として「農家が農協から高い農薬や肥料を買わされている」と主張し、農協改革の切り込み隊長役を務めた小泉進次郎・代議士だ

                                                      山田氏が語る。
                                                      「小泉さんの農協改革でJA全中は社団法人に格下げされ、官邸に屈してしまったために、種子法廃止反対運動の中心になることができなかったわけです。種子法改正を狙っていた官邸や農水省にうまくお先棒を担がされた」

                                                       その結果、農家は農協ではなく、今後は外資から高い種と農薬と肥料を買わされるのである。

                                                      週刊ポスト20181116日号


                                                      赤い実 梅擬(うめもどき)

                                                      0

                                                        梅擬(うめもどき)の真っ赤です。

                                                        広大なむじな農園の端の方に、一本だけ植えられているのだけれど、これまでこんなにたくさん実がなっているのを見たことが無かったなあ。

                                                        ぎっしりと実を付けているけど、食べられるのかなあ?

                                                        ネットには、食べられるとは書いていないけど毒だとも書いていない。

                                                        どっちだろう?

                                                        爽やかな秋空に赤い実がきれいだ。


                                                        アメリカ中間選挙 はてさて!

                                                        0

                                                          アメリカの中間選挙、終わりましたね。

                                                          どうやら共和党の負け、と言えるんじゃないかな。

                                                          上院は過半数を維持したとはいえ、共和党の改選数が少なかったためであり、改選議員数のみでは共和党の方が少ない。

                                                          下院はトランプの敗北

                                                          まあ、アメリカ国民もトランプ流をOKとは思っていないということだ。

                                                          そのことが日本にとって有利かどうか、という議論があるが、ばかげている。世界にとってトランプ流が良いわっけが無い

                                                          問題は今後だな。

                                                          トランプは次期大統領選を意識して中間選挙を闘ったようだが、このねじれ議会をどう切り盛りしていくのかな?

                                                          早速民主党と協力して取り組む姿勢を見せたが、これまで、オバマのやってきたことを徹底して否定してきたトランプだ、その本気度は信用できない

                                                          記者会見では、ロシア疑惑を追及されてぶちきれ、CNNの記者を罵倒、マイクを取り上げようとする女性スタッフの手を払いのけようとしたことを暴力を振るったとして、記者からホワイトハウスの記者証をとりあげちゃいました。

                                                          メディアでは評論家がいろいろ言いたいことを言っているけど、実際はどうなるのかなあ?

                                                          この、巨大な壁は今後どうなるだろう?

                                                          後世、万里の長城のような遺跡になるのだろうか?

                                                          日本は株価も上がっているようだし、わりかし安心してみているのかなあ?

                                                           

                                                          とにかく世界を、人々を分断させ、憎悪を煽る行動だけは収めてほしいものだ。

                                                          この老むじな庵にアメリカの政界を動かす力はないけれど、心配だけはしておきたい!


                                                          今年の流行語大賞 不作だな!

                                                          0

                                                            今年の新語・流行語大賞候補30が決まりましたね。

                                                            今年は不作だなあ!

                                                             

                                                            この中でよく使われている言葉って、

                                                            ・仮想通貨

                                                            ・そだねー

                                                            ・ださかっこいい

                                                            ・ボーっと生きてんじゃねえよ!

                                                            くらいかなあ!

                                                            eスポーツ ってのもあるけど、ほとんど聞かない。

                                                            ひょっこりはん なんて名前でしょ。

                                                             

                                                            ま、むじな庵の推薦は、”ボーっといきてんじゃねえよ!”かな。

                                                             

                                                            みなさん、ボーっといきてんじゃねえよ!


                                                            まだ紅葉は未熟だ むじなの森

                                                            0

                                                              もう今日は立冬だというのに、

                                                              なんだこの暖かさは!

                                                               

                                                              それに、紅葉は微かだ。

                                                              どうなっちゃうんだろう、地球!


                                                              | 1/147PAGES | >>

                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                                  123
                                                              45678910
                                                              11121314151617
                                                              18192021222324
                                                              252627282930 
                                                              << November 2018 >>

                                                              ブログランキング

                                                              ↓応援よろしくお願いします↓

                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recent comment

                                                              recent trackback

                                                              links

                                                              profile

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM