深谷市の栄光 渋沢栄一が・・・!

0

    今日は、朝、埼玉伝統工芸会館に寄ったので、いつもと違うルートで群馬へ向かった。

    深谷市街を通るルートだ。

    路端に渋沢栄一生地の看板が頻繁に出てくる。

    この看板はあと9.6kmとある。実は10勸幣總阿らこの看板が立っていたのだ。

    深谷にとって渋沢栄一は英雄なんですね。

    今回1万円札の肖像にもなった。英雄には違いないな。

    さらに1万円札の裏は東京駅になる。

    で、東京駅の壁を彩るレンガを作ったのは深谷

    そのため深谷駅は東京駅を模したレンガ造り

    なかなか壮麗な建物だ。

     

    表と裏、両方に深谷が関係することになったのだ。

    深谷市の皆さんは鼻高々なことだろう!

    公民館前のフェンスには「渋沢栄一生誕の地」の幟

     

    これから深谷市は元気になるんだろうなあ!


    群馬への道4月13日

    0

      今日は群馬県のジョイフルー2新田店へ。

      良く晴れて気持ちの良い日だったので、山々がよく見えた。

      だが、運転中だったのでジャストポイントでは撮影できず、信号で停止したときにしか写真が撮れない。

      国道7号線の向こうの方に浅間山が見える(実際はもっともっとはっきりすっきり見えていたんですよ)。

      分かりますか?

      桜並木の間に遠く雪をかぶった白い山

      浅間山だな!

      これは赤城山。

      電信柱の無い空間に広がっている。

      栃木の男体山

       

      ぜんぶピンボケですな。

      ま、このように美しい山が前方に広がっているのだった。


      これ何の絵?銀座のビルの怪

      0

        銀座5丁目のソニービル隣のビルにこんな絵が!

        何だろうなあ!


        銀座のバック店に強盗・・・かな!

        0

          銀座の兜屋画廊へ行くため急ぎ足で歩いていたら、バッグ店の前で警察官が何やらやっている。

          定規でガラスドアの寸法を測ったりしている。

          どうやら強盗に入られたようだ!

          よくわかんないけど!


          きのう花翌をもみちやけふの月 麗しきレディーからのお土産

          0

            大阪の美しき友人からお土産が届いた。

            先日、お子さんの入学式に上京した折り、むじな庵、仕事でお会いできなかったのだが、共通の友人である門やンに言づけてくださったのだ。

            それを今日、門やンと会った折りに渡してくれたのだ。

            嬉しいものですな、この老人に美しいご婦人からのお土産が届く・・・という奇跡は。

            そのお土産の包みを開けると

             

            きのう花 翌をもみちや けふの月 与謝蕪村

            の句のしおりが入っていた。

             

            折しも花の季節の盛りが過ぎたところ、今度はもみじを期待しよう、などと考える・・・いや今夜の月も見どころだぞ!

            蕪村君、随分と欲深な風流人だなあ、と感心する。

            包みを開け、箱を開けると入っていたのは満月の形のおせんべいだった。

            とても美味しいおせんべいです。 

             

            今日は曇りで月の姿は見えないけれど、心の目で見ることにしよう。

            大阪の美しいご婦人、ありがとうございます。


            MUGENUP 手塚憲一氏にお会いしてきた

            0

              株式会社MUGENUPのLab CCO、手塚憲一氏にお会いしてきた。

              アニメ、ゲームのイラストやキャラクター制作、映像、映画製作等を手掛ける会社だ

              赤塚不二夫、石ノ森章太郎、ちばてつや、永井豪など有名漫画家さんとの関係も深い。

              各種のイベントも手掛けている。

              むじな庵との協力でどんなイベントができるか、お互いに検討していこうということになった。

               

              楽しみである。

              (因みに、この方、手塚治虫氏の娘婿である)


              路面電車の面影

              0

                昨日、都電面影橋停車場辺り・・・三の輪橋かな?

                ま、そのあたりで出会った都電。

                レトロで良いですな。

                気持が安らぎます。

                 

                ここ数か月、休みが無い状況だ。

                八木橋の展覧会から恵比須三越松本零士展と、一日の休みもなく続き、加えて丸井との打ち合わせ、と日本美術出版との調整がその間に入っていた。。

                そして昨日はゲームメーカーのMUGENUPのCCO手塚憲一氏との打ち合わせと、明日丸広上尾店に搬入のための作品を受領に辰巳まで。

                今日は丸広上尾店の手塚治虫展搬入

                明日は丸広上尾店で手塚治虫展の初日

                並行してジョイフルー2新田店で松本零士展が初日。

                さらにその後はジョイフルー2瑞穂店での松本零士展がGWが終わるまで

                並行して4月下旬から5月末まで伝統工芸会館でオールドノリタケ展・・・!

                めちゃくちゃだ。

                問題なくできるかどうか心配は尽きない。

                これ、73歳のお爺さんがやるんだからなあ!

                身体が持てばよいのですが・・・!

                ま、馬鹿ですな。

                 

                そんな状況なので、昨日は大阪からやってこられた美しい友人との食事会を遠慮させていただくことになってしまった。(ごめんなさい)

                 

                優しい音を立てて都電が走り去っていきました。


                夜のエビスガーデンプレイス

                0

                  エビスでの松本零士展は今日まで。

                  サイン会が終わった松本先生はファンの女性に請われて車掌さんと一緒に写真を撮っていた。

                  81歳になってなお、若い女性に愛される松本先生、幸せだろうなあ!

                  店を出て外へ出るとそこはだった。

                  重厚で美しいガーデンプレイスの夜は美しい光に満たされていた。

                  むじな庵、、若い女性と来てみたい!

                  レストラン街の入り口の明かり。

                  エントランスパビリオンも高貴そうな顔して立っていた。

                  昼間のガーデンプレイス。

                  日曜日はいろいろなイベントがある。

                  出店が出て人々で賑わっている。

                  外国人の子供たちが戯れている。

                  テラスで楽しむ人がいる。

                   

                  ちょっとリッチな気分になれるエリアだなあ!

                  ということで、今日でエビスは終わりでした。

                  家に帰ると10時を過ぎているのだった。


                  エビスビール記念館 へ行ってみた

                  0

                    恵比須のガーデンプレイス内での展覧会なので、三越の隣にあるエビスビール記念館へ行ってみた。

                    2回目だな。

                    前回は15年位前だった。

                    なんか少し変わっているようだが、よく覚えていない。

                    目の前の大きな赤銅の仕込窯は重厚で美しい。

                    この部屋の雰囲気を支配していますな。

                    創業当時のエビスビール工場のジオラマ

                    ここがここ、ガーデンプレイスになったんですな。

                    で、一部が記念館として残っているわけですな。

                    その情景を油彩画で描かれた絵が飾ってありますね。

                    なんか重々しい絵ですな。

                    テイスティングサロンというものがあって、飲食もできるようですな。

                    他にエビスギャラリーていうのがあって、なんか楽しそうに騒いでいましたね。

                     

                    時間が無かったので表面的にしか眺めませんでしたが、館内を見学するツアーもあるようです。

                    今度時間を持ってきてみようかな。


                    歯医者の窓

                    0

                      今日は午後から恵比須なのだけれど、朝一番で歯医者に寄ってきました。

                      歯の治療は今日で終わりました。

                      治療中に、窓の外を見て入るのですが、よく手入れされたラフな庭園が気持ち良いです。

                      その窓際に置かれた置物・・・歯の治療を嫌がるおじさんと歯医者さんの様子が置物になっているのですが・・・がとても滑稽、かつユーモラスで、治療台のむじな庵の退屈を紛らわせてくれます。

                      さあ、今日も楽しい一日になるよう、笑みを浮かべて生きていくことにしようと思います。


                      中野駅開業130年、なんですって!

                      0

                        中野丸井本社へ打ち合わせに行った。

                        新宿駅から中央線に乗る。

                        向かいのホーム前に泊まっていた特急電車が、なんだかすごく怖い顔してむじな庵を見ていた

                        むじな庵なんか悪いことでもしたのだろうか?

                        いやな奴だ!

                        中野駅では統一地方選の候補たちが選挙のビラを配っていた。

                        むじな庵、選挙区が違うので、ビラはもらわなかった。

                         

                        で、ふと見ると

                        おかげさまで中野駅開業130周年」との看板が・・・!

                        駅沿いのフェンスには幟が林立していた。

                        さて、130周年は、駅にとってどんな利益があるのだろう?

                        駅前の中野サンモールにもこんな垂れ幕があった。

                        こちらは商店街への集客キャンペーンにつながるから意味があるな。

                        でも、130周年だからどうした、というイベントのようなものは見えないなあ!

                         

                        でもまあ、とにかく130年も前から町の発展にまい進してきたのだなあ、という気分はわかるなあ!

                        そんな古い駅のある街を発展させる象徴だった中野サンプラザ

                        満開の桜に囃し立てられながら偉そうに聳え立っている。

                         

                        むじな庵の、丸井でのプレゼンはまあまあ成功だったかな!

                        春の明るさ、希望、楽しさ・・・130年の歴史の駅の街は温かく光っていたのだった。

                         


                        線路に転落したやつがいた

                        0

                          三越での展覧会の帰りのこと。

                          恵比須駅で酔っ払いが線路に転がり落ちたようだった。

                          駅員が慌てて走り回っていた。

                          線路を見ると中年男が転がっていた。

                          線路にべったりと血が流れていた。

                           

                          でも、自分で立つことができるようだった。

                          だが、線路から助け出された後、ホームで寝転がっていた。

                           

                          最近はホームドアが設置されてきているので、転落事故は少なくなっているのかと思うのだが、ホームドアの無いところではやはりこうした事故があるのだなあ!


                          なつぞら(朝ドラ)が始まりました。

                          0

                            ヒロインなつ(広瀬すず)の子供のころ役のこの子役(粟野咲莉)、凄い存在感だなあ!

                            とても良いなあ。

                            寄宿先の牧場のお爺さん(草刈正雄)、格好いいなあ。

                            むじな庵よりも格好いいかもしれないな。

                            なつを東京からここ北海道の牧場へ連れてきた牧場の婿(藤木直人)とその長男役の子供。

                            藤木直人はなかなかいい感じだなあ!

                            温かいムードを醸している。

                            その娘役のこの子、役柄にぴったりだなあ!

                            よくこういうキャストを探してくるなあ!

                            そして牧場の娘が松嶋菜々子。

                             

                            豪華なキャスティングだなあ!

                            これじゃあ、成功するしかないなあ!

                            楽しみな6か月間になりそうだ。


                            路傍の石、路傍のスミレ

                            0

                              今朝、むじなオフィスの壁の下に見つけたスミレ

                              ガサツな石のそばに咲いていた。

                              路傍の石路傍のスミレだな。

                               

                              小さく可憐な花だけど、とても逞しく生きている。

                               

                              豪華で豊かなだけが美しいんじゃないんだぜ、とでも言いたげだ。

                               

                              むじな庵はこういう花が好きだなあ!

                              人間で言えば、田舎娘町娘、ってやつだなあ!


                              むじな郷のラベンダー畑はさらに大きく

                              0

                                むじな郷小川町の埼玉伝統工芸会館へ行く用事があり、車を走らせる。

                                むじな郷嵐山町を通って行くのだが、例のラベンダー畑がある。

                                もちろんまだ花が咲く気配も見えない。

                                今でもかなり大きな畑だが、まだまだ広げる準備が進んでいる。

                                北海道に対抗しようとしているのだろうか?

                                また、畑の全貌を見渡せるようにということだろうか、のようなものを建設している。

                                あの橋の向こうにも1段低い畑が広がっているのだ。

                                 

                                皆様、花の咲くころにはぜひおいでくださいね。

                                 

                                おまけ:北海道のファーム富田の畑です。

                                 

                                 


                                お弁当が大繁盛 桜見物之お客かな?

                                0

                                  先日ご紹介したむじな郷の桜(安行寒桜)の名所北浅場の桜は、明るく安定したお天気のもと、美しく咲き誇っているようです。

                                  この桜並木は、むじな町と坂戸市の境を流れている越辺川沿いの土手下にあるのだが、その桜並木の周りにはお店が無い

                                  で、越辺川対岸のむじな町側にあるこのむじな農協直売場花見用の弁当を買う方が多いのだろう。

                                  こんなにたくさん弁当が並べられるのはこの時期だけだ。

                                  <越辺川とは>

                                  埼玉県入間郡越生町黒山地区の黒山三滝付近に源を発する。源頭は関八州見晴台である。流域には黒山鉱泉がある。ここより埼玉県道61号越生長沢線に沿い越生梅林を抜け、比企郡鳩山町鳩川を合わせる。


                                  菜の花の花芽を摘む

                                  0

                                    朝の畑で美しい女性が菜の花の芽を積んでいた。

                                    おひたしにして、むじな庵の酒の肴にしてくれるのだろうか?

                                    楽しみである。

                                    まだ花が咲いていず、もう少しで咲きそうな、柔らかな花芽を摘んでいるのだ。

                                    可哀そうに、これから花咲く幼い命を・・・!

                                    むじな庵、今花咲きそうな幼さの残る可憐な少女の姿を想像してしまった。

                                    そんな幼い少女の芽を摘む悪いおじさん・・・みたいな!

                                     

                                    ばかだ!、そんなことを考えながらうまい酒が飲めるはずがないだろうに!

                                     

                                    というわけで、春の柔らかな一日が始まっていくのだった。

                                    もう夜だけど。


                                    森の中の看板 なんの意味があるのかなあ?

                                    0

                                      森を歩いていてこんな看板に出会った。

                                      これはすでに打ち捨てられたように転がっている看板。

                                      それは置いておいて、良くありますね、「県有地の為立入禁止」とかの看板。

                                      無断立ち入り禁止、と書いてあるけど、この森は遊歩道になっていて、誰にでも立ち入って楽しんでもらおうっていう森なのに。

                                      いちいち電話を入れてはいってくる人はまずいない。

                                      また、多くは土日など休日に入るのだから、役場は休みなのだ。

                                      私有地の為・・・」ならわかるけど、「公有地の為・・・」っていうのはどういうことかなあ?

                                      で、この看板も打ち捨てられていたもの。

                                      これは、この森の一部が私有地だったころのものだろう。

                                      これはわがNPOの立てた看板

                                      これですよね。

                                      この周辺の貴重な植物を守るために、気を付けてください、という呼びかけ。

                                      これならだれでも納得すると思います。

                                      ここは入り口付近にある活動広場。

                                      ここへ入るために役場に連絡する人はいない。

                                      団体活動するときは、一応事前に活動を届け出るだろうが。

                                       

                                      まあ、余計なことにいちいち目くじら立てるのはむじな庵が年を取った、ってことなのだろうが!


                                      尾根の道 むじなの森

                                      0

                                        ここ数日の雨で解消されていると思うが、

                                        数日前のむじなの森はカラカラ状態だった。

                                        そんな森の状況を見てみようと歩いてみたのだ。

                                        ここは森に入ってすぐの小川・・・水はすっかりくなくなっていた。

                                        森を抜ける少し前のあたりにある調整池もこんな状態だった。

                                        このままだと森の、水生動物は全滅だなあ、と心配になった。

                                        久しぶりに、森の見晴らしの丘へ登ってみることにした。

                                        斜面はロープを使ってよじ登る険しい崖路なのだが(なので写真を撮ることもできない)、登りきるとこんな尾根道になる。

                                        こんな細い尾根道の先に見晴らしの丘があり、

                                        ときがわ町や小川町、さらに群馬や栃木、茨木の山々を眺めることができる。

                                        ま、今日の目的は足元を見ること。

                                        見晴らしの丘から遊歩道へつなぐ曲がりくねった山道

                                        むじな庵が昇ってきた崖道から比べると数十倍楽な道だな。

                                        この道もわがNPOが整備しているのだ。

                                        戻り道は少し獣道へ踏み込んでみた。

                                        まだ昨年の台風で倒れたたくさんの倒木がある。

                                        これらの倒木を全部き処理するまでにはまだまだかかるなあ。

                                        NPOの力では簡単には処理できないこんな不法の投棄物もあった。

                                        心無い輩がいるものだ。

                                        機械も入らないこんな山道では処理するのも大変なのだ。

                                         

                                        なんだか気分が良くなったのか悪くなったのか。

                                        すっきりしないで山を下りてきたのだった。


                                        ハッピーエンド 魚戸おさむ お勧めします。

                                        0

                                          敬愛する魚戸おさむ先生のコミックス「はっぴーえんど」(第6巻)を読みました。

                                          多くは言いません。

                                          心に沁み込む作品です。


                                          魚戸先生の作品には、週刊漫画雑誌ビッグコミックオリジナルの連載「家栽の人」で出会い、ファンになったのですが、ゆったりとして人間味の溢れる表情が好きです。

                                          そして、優しい顔の中に断固とした意志を隠し持っていることが感じられます。

                                          これ、作者=魚戸先生もそうなのだろうと思いますね。

                                           

                                          皆さんもぜひ読んでいただきたいと思います。

                                           

                                          あっ、むじな庵も1〜5巻まで買わなくちゃ!


                                          | 1/126PAGES | >>

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                           123456
                                          78910111213
                                          14151617181920
                                          21222324252627
                                          282930    
                                          << April 2019 >>

                                          ブログランキング

                                          ↓応援よろしくお願いします↓

                                          selected entries

                                          categories

                                          archives

                                          recent trackback

                                          links

                                          profile

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode

                                          powered

                                          無料ブログ作成サービス JUGEM